イソリスク総研株式会社 | イソリスクの特徴

ISOマネジメントとリスクマネジメントのイソリスク総研株式会社

サイトマップ


イソリスクの特徴


イソリスク総研株式会社のコンサルティング内容の特徴は下記の通りです。

ISOやリスクマネジメントの有効かつ実践的な活用に着目したプログラムを開発し提供する。

ISOは成長期から成熟期に入り、ISOの機能をいかに上手く活用するかがテーマとなる。
ISO認証の可否にかかわらず、経営支援したり、現場に役立つISO機能の活用を目指す。

リスクマネジメントの考え方は普及しているが、具体的な対応策が曖昧である。
食品企業や介護施設におけるリスク対策について、
具体的な提案をする。


新しい時代の流れを情報提供するとともに、先取りしたサービスプログラムを開発する。

① ISOは7年ごとに改正されるが、2015年大幅な改正が行われる。そのポイントは、セクター化や細分されたISOの統合とビジネスモデルへのシフトであると思われる。そのような流れを踏まえた情報やサービスを提供する。
② ビッグデータの活用を踏まえた個人情報保護法の改定も予定されており、これらの情報も提供していきたい。


お客様の多様なニーズに対応したサービスの提供をする。

ネット等の公開セミナーの開催 ⇒ 情報・サービスの周知
企業・施設訪問による研修と実践 ⇒ 組織の現状に合わせたサービス提案
継続的なコンサルティング ⇒ システム構築等テーマを持った支援


研修会社及びコンサルタントとネットワークを組んで顧客のニーズに対応する。