イソリスク総研株式会社 | 自己診断チェックシート

ISOマネジメントとリスクマネジメントのイソリスク総研株式会社

サイトマップ


自己診断チェックシート

ISOマネジメント自己診断チェックシート

企業活動をマネジメントとメインプロセスの二つの側面から、それぞれ5つのサブプロセスに区分して、「計画」「実施」「確認」「見直」について、その実効性を評価する。

マネジメントプロセス
  • 戦略・目標管理
  • コンプライアンス・リスクマネジメント
  • 学習・教育訓練
  • 内部監査
  • 継続改善
メインプロセス
  • 営業マーケティング
  • 設計開発
  • 購買・パートナー
  • 製造・サービス
  • 是正・予防

評価の方法は、サブプロセスの項目ごとに「計画」「実施」「確認」「見直」に関する質問をして、その実効性を5段階のレベルに評価し、結果を手順・運用・網羅・効果・プラスαの該当の部分に埋める。 結果としてサブプロセスの管理システム成長度(5点満点)が評価できます。

成長度
評価項目
手順
2.0
運用
2.5
網羅
3.0
効果
3.5
効率
4.0
プラスα
5.0
基準(満点) 2 0.5 0.5 0.5 0.5 1
実行性
(5段階)
90%以上 2 0.5 0.5 0.5 0.5 1
70~90% 1.7 0.4 0.4 0.4 0.4 0.7
40~70% 1.5 0.3 0.3 0.3 0.3 0.5
10~40% 1

0.2 0.2 0.2 0.2 0.2
10%以下 0 0 0 0 0 0
(注)ISO9001認証取得済み企業は、基本的には「2.5」レベルは達している。
このチェックリストは、網羅性からプラスαの項目を評価するのが目的である。

チェックシートのサンプル:戦略・目標管理プロセス ※pdfが開きます



全プロセスご希望のお方は、お問い合わせメールにてお申し出ください


個人情報保護に関する診断チェックシート

自組織の個人情報保護の管理システムがどのようなレベルにあるのか、JISQ15001の主要な要求事項について自己診断できます。評価項目は以下の区分です。
1.個人情報の取得
2.個人情報の利用
3.個人情報の保管管理
4.技術的安全管理
5.個人情報の廃棄管理
6.従業員・委託先の管理
7.組織的安全管理
8.文書管理システム

個人情報保護診断チェックシート ※pdfが開きます




ISO22000(食品安全マネジメントシステム)のPRPチェックシート

ISO22000で求められている衛生管理は、前提条件プログラム(PRP)と言われ、HACCPシステムを構築する前提条件と位置付けられている。

PRP管理規定における必要な文書・記録 ※pdfが開きます